オフィスの使い方に関する企業やワーカーの実態およびニーズなどについて、ザイマックス不動産総合研究所の調査データから、オフィスご担当者様向けに「ちょっと参考になる」データをひとつずつピックアップしてお伝えします。

DATANEW

<オフィス面積の意向別>コロナ危機収束後の出社率の将来意向

今後オフィス面積を「縮小したい」と回答した企業は、コロナ危機収束後の出社率を低く抑える意向が強いことがわかりました。

DATA

<ワークプレイス戦略見直しの重視度別>コロナ危機収束後のオフィス面積の意向

コロナ禍で顕在化しつつあるオフィス縮小のトレンドは、ワークプレイス戦略を再構築していく動きの一端であると考えられます。

DATA

<ワークプレイス戦略見直しの重視度別>働き方の実態

ワークプレイス戦略の見直しを重視しているか否かによって、現在の出社率やテレワークの導入状況といった取り組みに差があることがわかりました。

DATA

業務内容ごとの出社とテレワークの使い分け

コロナ危機収束後も出社とテレワークを使い分ける意向のある企業では、かなり広い業務内容についてテレワーク可能であると考えていることがわかりました。

DATA

<サテライトオフィス利用状況別>テレワークによって得られるメリット

在宅勤務とサテライトオフィスを併用している企業は、テレワーク導入により様々なメリットを「得られると思う」割合が高いことがわかりました。

DATA

コロナを機にワークプレイス戦略の重要性を感じた企業の割合

コロナを機に多くの企業がワークプレイスの重要性や見直す必要性を感じており、見直しに着手済み・着手予定の企業は約8割にのぼりました。

DATA

サテライトオフィスの利用状況

サテライトオフィスは従業員に占める対象者の割合に比べ、実際に利用している人の割合が低いものの、企業は利用を促進したいと考えているようです。

DATA

メインオフィス/サテライトオフィスに求める価値・役割(2020年秋)

テレワークする場所を整備している企業としていない企業では、ワークプレイスの位置づけが異なる様子がうかがえます。

DATA

<テレワークの場所の充実度別>テレワークの生産性評価(2020年秋)

「テレワークで生産性が上がると思う」と回答した企業は31.9%で、「思わない」を下回りました。テレワークの経験値の差が評価に影響するようです。

DATA

<業種別>テレワークする場所の整備の内容(2020年秋)

コロナ禍の影響で、テレワークするための場所として「在宅勤務制度」を導入する企業が急激に増えています。整備状況を業種別にみてみました。

DATA

オフィスの在籍人数に対する座席数の割合(2020年秋)

オフィスの在籍人数に対して用意している座席数が「100%未満」の企業の割合が、過去調査と比べて増加しています。

DATA

出社率の実態と、コロナ危機収束後の意向(2020年秋)

コロナ危機収束後も、7割以上の企業は一定数の社員にテレワークをさせる意向があることがわかりました。

DATA

<テレワークの場所の充実度別>コロナ収束後のワークプレイスの方向性

サテライトオフィスを整備している企業は、コロナ収束後もテレワークを実施し、積極的にワークプレイスを見直していく企業が多いようです。

DATA

<テレワークの場所の充実度別>働き方に関して興味のある施策

在宅勤務やサテライトオフィスを整備している企業に比べて、テレワークする場所がない企業は、働き方に関する施策への興味度が低いことがわかりました。

DATA

<テレワークする場所の充実度別>ワークプレイス運用に関して困ったことや課題

「在宅勤務だけ整備」「サテライトオフィスも整備」など、テレワークする場所の充実度によって、感じている課題のレベル感にも差があるようです。

DATA

オフィス/サテライトオフィスに求める条件

オフィスにもサテライトオフィスにも、「業務に集中できる個室」を求めるオフィスワーカーが多いことがわかりました。

DATA

テレワーク実施割合の実態と理想

ワーカーへのアンケートでテレワーク実施割合の実態と理想を聞きました。週2~3日程度のテレワークを理想とするワーカーが多いようです。

DATA

今後の働き方に対するニーズ

ワーカーの今後の働き方に対するニーズを調査しました。ワーカーは、複数の働く場所から自由に選択して働くことを望んでいるようです。

DATA

在宅勤務・サテライトオフィス勤務のメリット

ワーカーへのアンケートで、在宅勤務とサテライト勤務についてメリットを聞いたところ、どちらも1位は「移動時間・通勤時間の削減」でした。

DATA

働き方に関する施策の実施率(2020)

オフィスワーカーの働く場所や時間のフレキシブル化が進んでいます。特に「在宅勤務」の実施率は58.6%と、前年より大幅に増加しました。

DATA

コロナ禍におけるオフィスへの出社状況(2020)

オフィスワーカーにコロナ禍の出社状況を聞いたところ、56.3%のワーカーがオフィス出社とテレワークを使い分けていることがわかりました。

DATA

<企業規模別>コロナ危機収束後の働き方とワークプレイスの方向性

首都圏企業にコロナ危機収束後の働き方とワークプレイスの方向性を聞きました。大企業ほどテレワークに積極的な様子がうかがえます。

DATA

<企業規模別>働き方およびワークプレイスについての取り組み

働き方およびワークプレイスについての取り組みを企業規模別に比較すると、大企業ほど各取り組みの実施率が高い傾向がありました。

DATA

<コロナ危機収束後の働き方の意向別>オフィス面積の意向

首都圏企業にコロナ危機収束後のオフィス面積の意向を聞きました。テレワーク派の企業はオフィスの縮小意向が強いことがわかりました。

DATA

<在宅勤務の導入時期別>コロナ危機収束後の働き方の意向

首都圏企業にコロナ危機収束後の働き方の意向を聞きました。コロナ以前から在宅勤務を導入していた企業では、未導入企業よりもテレワーク重視派が多いようです。

DATA

<業種別>コロナ危機における在宅勤務の導入状況

首都圏の企業に在宅勤務の導入状況と、実際に利用している社員の割合を聞きました。業種によって普及の度合いに差があるようです。

DATA

<企業規模別>コロナ危機における在宅勤務の導入状況

コロナ危機が在宅勤務の普及を後押ししましたが、企業規模によって導入のタイミングに差があることがわかりました。

DATA

<オフィス面積の意向別>コロナ禍収束後のワークプレイスの方向性(2020年春)

オフィス面積を縮小したい企業でも、その半数以上は「メインオフィスとテレワークを使い分ける」と回答し、引き続きオフィスを利用していく意向があります。

DATA

<景況感別>コロナ禍収束後のワークプレイスの方向性(2020年春)

景況感の良し悪しにかかわらず、半数程度の企業がコロナ収束後には「メインオフィスとテレワークの両方を使い分ける」と回答しました。

DATA

オフィス施策を実施する上での懸念事項/阻害要因(2020年春)

コロナ危機がこれまでの働き方を見直すきっかけとなり、企業のオフィス施策において新たな懸念事項が生じているようです。

DATA

オフィス施策を実施する上での重視項目(2020年春)

コロナ危機の影響により、オフィス施策を実施する上で「BCP対策」や「衛生安全管理」を重視する企業が増えているようです。

DATA

今後のオフィス面積の意向(2020年春)

企業に対し今後のオフィス面積の意向を聞いたところ、調査開始以来、初めて縮小意向が拡張意向を上回りました。縮小意向の理由は…。

DATA

働く環境の生産性評価(2020年春)

企業に対し「ワーカーに生産性高く働ける環境が提供されているか」と聞いた結果、6割が「そう思う」と答えた一方、3割は「そう思わない」と答えました。

DATA

<業種別>テレワーク関連施策の導入率(2020年春)

「在宅勤務制度」の導入率を業種別に比較すると、導入が進む情報通信業と難航する医療,福祉業では49.6ポイントもの差があることがわかりました。

DATA

テレワーク関連施策の導入率(2020年春)

テレワーク支援のために「在宅勤務制度」を導入する企業の割合が、過去調査の倍以上に増加しました。コロナ危機の影響がうかがえます。

DATA

オフィス環境の快適性評価(2020年春)

企業に対し「ワーカーに快適なオフィス環境が提供されていると思うか」と聞いた結果、約6割が「そう思う」と回答した一方、3割は「そう思わない」と回答しました。

DATA

オフィス入居人数に対する座席数の理想と現状(2020年春)

6割以上の企業が、オフィス入居人数に対する座席の割合を100%以下にしたいと回答しました。座席数を少なくしたい意向は昨年よりも強まっているようです。

DATA

働く場所に対する興味

オフィスワーカーは、都心部で働くこと以上に、自宅や自宅近くで働く「職住近接」に興味を持っていることがわかりました。

DATA

<同居している子供(末子)別>「テレワークの場所」の利用率とニーズ

未就学児を育てる女性は「テレワークの場所」に対するニーズが高い一方、利用率は低く、実態とニーズのギャップが大きいようです。

DATA

在宅勤務のメリット・不満

在宅勤務は「移動時間・通勤時間の削減」や「集中して仕事ができる」といったメリットがある一方で、自宅は働く場所としての環境が整っておらず不満もあるようです。

DATA

働き方に関する施策の利用率とニーズ

「テレワークの場所」に関する施策は「モバイルワーク」に比べ導入が遅れていますが、ニーズは「モバイルワーク」と同等であるといえます。

DATA

<テレワークの場所別>利用頻度

テレワークの場所に関する各施策の利用頻度を聞くと、三種類すべての施策で「月1~2回以下」にとどまるワーカーが最多となりました。

DATA

働き方に関する施策の利用率

約4割のオフィスワーカーがテレワークに関する施策に取り組んでいますが、内訳をみると「モバイルワーク」のみしか行っていないワーカーも少なくないようです。

DATA

働き方および働く環境についての不満

オフィスワーカーを対象に行ったアンケートで、回答者の7割以上が働き方や働く場所に不満を感じていることがわかりました。具体的にはどのような不満でしょうか。

DATA

働き方改革への取り組み実態

「勤務先が働き方改革に取り組んでいる」と回答したワーカーの半数以上は、自身の働き方に変化を感じていないようです。

DATA

東京オリンピック・パラリンピック期間中の交通混雑対策

東京での開催を間近に控え、どの程度の企業が交通混雑対策を考え始めているのでしょうか。またその内容は…。

DATA

健康経営・ウェルビーイングに注力する企業の特徴

「健康経営・ウェルビーイング」に注力している企業は、どのようなことを重視し、どのような働き方をしているでしょうか。その特徴を探ります。

DATA

企業がいま注力しているテーマ(2019年秋)

企業に対し、現在の注力テーマを聞きました。「生産性の向上」や「営業力強化」のほか、「健康経営・ウェルビーイング」と回答した企業もみられました。

DATA

働き方改革の取り組み状況(2019年秋)

働き方に関する様々な施策について、今は取り組んでいなくても興味がある企業が一定数いることがわかりました。今後の取り組みの拡大が期待されます。

DATA

<企業規模別>テレワークする場所や制度の整備状況(2019年秋)

テレワークの整備状況を企業規模別にみてみました。レンタルオフィスやシェアオフィス、サテライトオフィスは大企業だけでなく、中小企業でも導入が加速しています。

DATA

テレワークする場所や制度の整備(2019年秋)

企業におけるテレワークするための場所や制度の整備は進んでおり、特にレンタルオフィスやシェアオフィスを取り入れる企業が増加しています。

DATA

テレワーク支援のためのICT投資(2019年秋)

テレワークの普及が進む中で、従業員のテレワーク支援策としてICT投資を行う企業の割合も増えているようです。

DATA

働き方改革への取り組み状況(2019年秋)

企業の働き方改革への取り組み状況についてアンケートで聞きました。改革に取り組む企業は6割を超え、今後も増加すると考えられます。

DATA

<シェアオフィスの立地別(都心型/周辺型)>利用効果

シェアオフィスの立地による利用効果の差を見てみました。都心型と周辺型では、ユーザーが感じる効果は異なるようです。

DATA

<シェアオフィスの立地別(都心型/周辺型)>利用時間

シェアオフィスの立地によって、1回あたりの利用時間に異なる特徴がみられました。郊外拠点では1回に8時間以上使う人もいるなど、働き方の多様性が垣間見えます。

DATA

<シェアオフィスの立地別(都心型/周辺型)>利用者属性

法人向けシェアオフィスの利用者を都心型ユーザーと周辺型ユーザーにグループ分けし、属性を比較しました。2つのグループで異なる利用ニーズがありそうです。

DATA

テレワーク等がオフィスの1人あたり面積に与える影響(2019年春)

フレキシブルなオフィスレイアウトやテレワークに取り組んでいる企業は、オフィスの1人あたり面積が小さくなるようです。

DATA

<オフィス面積の変化別>レイアウト配分の変化

2018年度にオフィス面積を縮小した企業のうち約3割が、フリーアドレス席やABWなど、フレキシブルに使えるスペースは拡張していることがわかりました。

DATA

通勤ストレス緩和のために多様な場所へ出勤したい意向

通勤ストレス緩和のために多様な場所への出勤意向を持つ人が、アンケート回答者の73.9%に上りました。「自宅に近いサードプレイスオフィス」等が人気です。

DATA

<人数に対する座席数の割合別>手狭感

オフィスの入居人数に対して100%の座席数を用意している企業よりも、100%未満の企業の方が、オフィスを広いと感じている割合が高いことがわかりました。

DATA

首都圏オフィスワーカーの通勤手段と通勤実態

首都圏オフィスワーカーの通勤手段別に、通勤時間や通勤ストレスを比較しました。高ストレスの電車通勤者は、自宅近くに出勤したいニーズが高い傾向がみられました。

DATA

固定席とフレキシブルなスペースの導入目的の違い(2019年春)

固定席の導入目的は「入居人数の増減」が1位だったのに対し、フレキシブルなスペースでは「社内のコミュニケーション活性化」が1位となりました。

DATA

過去1年間のフレキシブルなオフィススペースのトレンド(2019年春)

過去1年間でどんなオフィスレイアウトが増えたのか調べました。「オープンミーティングスペース」と「フリーアドレス席」が人気だったようです。

DATA

<人数に対する座席数の割合別>ワークプレイスに関する取り組み状況

オフィス入居人数に対して座席数を多めに用意している企業と、少なめに用意している企業では、テレワークやワークプレイスに関する施策の取り組み状況に差がみられました。

DATA

オフィス入居人数に対する座席数の理想と現状(2019年春)

オフィス入居人数に対して座席が何割用意されているのか調べました。現状では「100%超」の企業が多いものの、理想は人数以下に減らしていきたいようです。

DATA

通勤ストレスと生産性やエンゲージメントの関係

ワーカー個人の問題として捉えられがちな通勤ストレスについて、企業はどのように捉えるべきでしょうか。生産性やエンゲージメントとの関係を分析してみました。

DATA

通勤ストレスと仕事満足度・プライベート満足度の関係

通勤ストレスとワーカーの仕事満足度およびプライベート満足度との関係を調べた結果、通勤ストレスが高いワーカーほど満足度が低い傾向がみられました。

DATA

通勤時間別の勤務先分布および平均通勤ストレス

通勤時間が短いワーカーと長いワーカー、それぞれどのような特徴があるでしょうか。勤務地の分布と通勤ストレスを比較してみました。

DATA

性年代別にみる通勤時間と通勤ストレス

首都圏に勤務するオフィスワーカーの通勤時間と通勤ストレスを性年代別にみてみると、男性と女性で異なる傾向がみられました。

DATA

テレワーク施策別にみる導入目的の違い(2019年春)

過去1年間でテレワークの導入が進んだ企業に対し、「どの施策を」「どのような目的で」導入したのか聞きました。テレワークの種類によって期待される効果は様々です。

DATA

過去1年間で新たに整備したテレワーク施策(2019年春)

過去1年間でテレワークする場所を何かしら新たに整備した企業に対し、具体的に何を整備したかを聞きました。「レンタルオフィス、シェアオフィス等」が1位。

DATA

通勤時間別にみる平均通勤ストレス

首都圏に勤務するオフィスワーカーへのアンケートから、通勤ストレスと通勤時間の関係を調べてみました。

DATA

今後の本社以外のオフィス戦略(2018年秋)

今後の本社以外のオフィス戦略について考えを聞きました。本社以外の働く環境を分散・拡充する意向があるようです。

DATA

今後の本社オフィス戦略(2018年秋)

今後の本社オフィス戦略について、どのような意向を持っている企業が多いのでしょうか。アンケートで考えを聞いてみました。

DATA

テレワーク等がオフィスの1人あたり面積に与える影響(2018年秋)

テレワークなどの取り組みにより、働く場所をフレキシブルにしている企業は、オフィスの1人あたり面積が小さくなっているようです。

DATA

今後興味のある働き方施策(2018年秋)

企業に対し、働き方に関する施策で今後興味のあるものを聞きました。現在の取り組み状況と比べると、在宅勤務やフリーアドレス席などに今以上の伸びしろがみられます。

DATA

テレワーク利用に関するルールの有無(2018年秋)

テレワークを導入している企業に対し、利用頻度などのルールの有無を聞いたところ、モバイルワークに取り組む企業の約7割が「ルールはない」と回答しました。

DATA

テレワーク利用対象者の条件の有無(2018年秋)

テレワーク支援策に取り組む企業に対し、利用対象者に関する条件の有無を聞きました。施策によって「条件がある」割合に差があるようです。

DATA

テレワークする場所や制度の整備(2018年秋)

テレワーク導入企業に、具体的な取り組み内容を聞きました。在宅勤務制度は2割近い企業が導入し、働く場所の多様化が進んでいます。

DATA

働き方改革の具体的な効果(2018年秋)

働き方改革を実施している企業では、2017年秋同様「従業員のワークライフバランス」に効果を感じている企業が最多でした。しかし、その割合が減少しているのはなぜでしょうか。

DATA

働き方改革への取り組み状況(2018年秋)

企業の働き方改革への取り組み状況についてアンケートで聞きました。改革に取り組む企業は前年より増え、今後も増加すると考えられます。

DATA

テレワークの導入状況別にみる、オフィスの1人あたり面積(2018年春)

テレワークするための場所や制度の導入は、オフィスの1人あたり面積にどの程度影響があるのでしょうか。導入済みの企業と未導入の企業を比較してみました。

DATA

オフィス施策における懸念事項/阻害要因(2018年春)

オフィス市況や働き方改革の進展を背景に、企業がオフィス施策を実施する上での阻害要因に変化がみられました。

DATA

オフィス施策における重視項目(2018年春)

オフィス施策を実施する上での重視項目は「生産性の向上」が首位となったほか、従業員満足度に関わる項目が上位に並んでいます。

DATA

<業種別>テレワークする場所や制度の整備状況(2018年春)

テレワークするための場所や制度の整備状況は、情報通信業が特に進んでいるようですが、昨年と比較するとどのような変化があるでしょうか。

DATA

<企業規模別>テレワークする場所や制度の整備状況(2018年春)

テレワークするための場所や制度の整備状況には、企業規模による違いがありました。昨年と比べるとどのような変化がみられるでしょうか。

DATA

テレワークする場所や制度の整備(2018年春)

テレワークするための場所や制度を整備している企業の割合が、昨年に比べ伸びています。どのような取り組みが伸びているのでしょうか。

DATA

オフィス内のレイアウト(2018年春)

オフィス内のレイアウトについて、2017年と2018年のアンケート結果を比べてみました。多用途に使えるスペースが少しずつ増えているようです。

DATA

サードプレイスオフィスに求めること(2018)

サードプレイスオフィスを利用するワーカーは、自宅から近いことを最も重視しているようです。

DATA

<テレワーク実施有無別>テレワーク推進の阻害要因(2018)

テレワークを今以上に推進する上で、テレワーカーはテレワークする”場所”に関しての阻害要因を強く感じているようです。

DATA

テレワークに対するニーズ(2018)

現状のテレワーク実施率(8.1%)と比べ、テレワークに対して前向きな意向を持つ人は少なくないようです。

DATA

テレワーカーのワークプレイス環境に対する満足度(2018)

テレワーカーは、ワークプレイス環境に対する満足度が非テレワーカーよりも高いことがわかりました。

DATA

非テレワーカーの不安とテレワーカーの感想(2018)

テレワークに対して、テレワークをしていない人が持つ不安と、実際にテレワークをしている人が感じているデメリットの間にはギャップがありました。

DATA

<子どもの有無別>テレワークしている場所(2018)

オフィスワーカーがテレワークしている場所をみると、小学校低学年以下の子どもがいる人は、サードプレイスオフィスの利用割合が高いことがわかりました。

DATA

テレワークするタイミング(2018)

テレワークしたことのあるタイミングを聞いてみると、計画的なテレワークが増えていることがわかりました。

DATA

オフィスワーカーがテレワークしている場所(2018)

テレワーカーは普段どのような場所でテレワークしているのでしょうか。意外にも、複数のワークプレイスを使い分けているようです。

DATA

オフィスワーカーのテレワーク実施率(2018)

「テレワークをしている」という自覚と、実質的なテレワーク実施率との間にはかい離があるようです。

DATA

新たなレイアウト導入とその理由

オフィス移転などを機に、企業が新たに導入するレイアウトとは? そこにはどんな狙いがあるのでしょうか?

DATA

新オフィス入居を機にした働き方改革

新オフィスへの入居は、従来の働き方を変えるきっかけにもなっているようです。6割超の企業が、入居先で新たなレイアウトを取り入れていました。

DATA

従業員のモチベーション向上を目指す企業が求めるオフィス

新たなオフィスへの入居理由に「従業員のモチベーションを上げるため」を選んだ企業は、どんな視点でオフィスを選んでいるのでしょうか。

DATA

オフィス移転・入居の理由

移転や新規拠点開設など、企業が新たなオフィスに入居する理由とはなんでしょうか。

DATA

サードプレイスオフィスのタイプ別利用意向(2017年秋)

企業はどんなワークプレイスなら従業員に利用させたいと考えているのでしょうか。5タイプのサードプレイスオフィスそれぞれの利用関心度を聞きました。

DATA

<業種別>テレワークする場所や制度の整備状況(2017年秋)

テレワークするための場所や制度の整備状況について、業種による差があるかどうかをみてみました。

DATA

<企業規模別>テレワークする場所や制度の整備状況(2017年秋)

テレワークするための場所や制度の整備状況について、企業規模による差があるかどうかをみてみました。

DATA

テレワークする場所や制度の整備(2017年秋)

3割弱の企業が、テレワークするための場所や制度を整備していることがわかりました。具体的にはどんなことに取り組んでいるのでしょうか。

DATA

テレワーク支援のためのICT投資(2017年秋)

テレワークに欠かせないICT環境の整備について、企業はどの程度取り組んでいるのでしょうか。アンケートで探ります。

DATA

オフィス内のレイアウト(2017年秋)

オフィスの中にどのようなスペースがあるのか、アンケートで聞いてみました。2016年秋の結果と比べて、変化はみられるでしょうか。

DATA

従業員がよりよく働けるために取り組んでいること(2017年秋)

「ICT活用」「経営層のコミットメント」「人事・労務」「ワーカーの教育・啓発」の4分野について聞きました。その結果は?

DATA

働き方改革の効果(2017年秋)

約7割の企業が、働き方改革の効果を「非常に感じている」「やや感じている」と回答、「従業員のワークライフバランス」に効果を感じている企業が最多でした。

DATA

働き方改革に取り組む目的(2017年秋)

1位は「生産性の向上」。従業員満足度に関わる項目も上位に並ぶ一方、コスト関連の項目は下位に留まりました。

DATA

働き方改革に取り組むきっかけ(2017年秋)

働き方改革は、どんなきっかけで行われているのでしょうか。改革に取り組んだ企業に聞いてみたところ、「経営層の判断」が1位となりました。

DATA

働き方改革への取り組み状況

働き方改革への取り組み状況について聞いたところ、4割弱の企業が働き方改革に着手していることがわかりました。

DATA

オフィスに求める要素(ソフト面)の重視度

オフィスに求める要素として、9割近くの企業が「従業員が快適に働ける」ことを重視していることがわかりました。

DATA

オフィスに求める要素(ハード面)の重視度

オフィスに求める要素について、ハード面(ビルスペックなど)の代表的な項目はそれぞれどれくらい重視されているのでしょうか。アンケートで探ります。

DATA

テレワークの導入状況別にみる、オフィスの1人あたり面積

在宅勤務などのテレワークを導入している企業は、従業員1人あたりのオフィス面積が小さくなっていることがわかりました。

DATA

オフィス施策を実施する上での懸念事項/阻害要因

総務などのオフィス担当者は、よりよいオフィスを目指す上でどんなことに懸念を感じているのでしょうか。アンケートで聞きました。

DATA

働き方改革に取り組む目的(2016年秋)

働き方改革に取り組んでいる企業の6割超が、「生産性の向上」を重要課題として認識していることがわかりました。一方、コスト削減意識は。

DATA

働き方改革に取り組むきっかけ(2016年秋)

企業が働き方改革に取り組んだきっかけとしては「経営層の判断」(62%)が最も多く、トップダウンで進められている場合が多いことがわかります。

DATA

オフィス以外の働く場所と、2015~16年における変化

テレワークを推進するため、社外に働く場所を用意している企業はどれくらいあるのでしょうか。過去1年間の変化を調べることで直近の動向を探ります。

DATA

<業種別>オフィス以外の働く場所と、2015~16年における変化

テレワークの推進状況について、業種による傾向の差があるかどうかをみてみました。在宅勤務制度の導入率が高いのはどんな業種でしょうか。

DATA

オフィスレイアウトの変化

2015年10月~2016年9月の1年間、オフィスのレイアウト変更により、どのスペースが増え、あるいは減っているかの動きを捉えました。