2020年4月~1年間のオフィス面積の変化

【1】オフィス面積の変化

オフィス面積の変化

【2】(左)面積拡張の理由、(右)面積縮小の理由

(左)面積拡張の理由、(右)面積縮小の理由
  • *1 2020年春調査から選択肢を追加したため2019春はグラフ掲載なし
  • 【1】企業へのアンケートで過去1年(2020年4月~2021年3月)におけるオフィス面積の変化を聞いたところ、「拡張した」と回答した企業が5.5%と前回調査からほぼ横這いであったのに対し、「縮小した」は8.3%と前回調査から増加し、今回初めて「拡張した」を上回りました。
  • 【2】面積拡張の理由としては、「人数が増え手狭になったため(人数増)」(52.7%)が最も多かったほか、「従業員の安心・安全のため(感染症対策など)」(20.9%)は2020年春調査から倍増しました。縮小の理由としては「テレワークにより必要面積が減る」が58.8%で2020年春調査から大幅に伸び、最も多い結果となりました。

(出所) ザイマックス不動産総合研究所「大都市圏オフィス需要調査2021春」(2021)

TOPへ戻る

関連記事

VIEWPOINTWORKTREND

【WORKTREND②】「会社員一択」からの脱却――ワーカーのこれからを考える

経済・社会の変化とともに日本の長期雇用慣行が崩れ、代わりに勤務時間と場所のフレキシブル化や雇用制度の多様化など、働く人を取り巻く環境に変化の兆しが表れている。

DATA

<ワークプレイス戦略見直しの重視度別>コロナ危機収束後の出社率の将来意向

ワークプレイス戦略の見直しが経営課題として重視されているかによって、コロナ危機収束後の出社率の意向に差があるようです。