働き方を考えることは
オフィスのあり方を考えること

いま、日本の働き方が変わろうとしています。
働き方改革は、なんのために、
なにが、どう変わっていくのか。
そして、働く場所である
「オフィス」のあり方はどう変化するべきか。
私たちの身の回りのデータからシナリオを考えていきます。

「働き方」の変化をとらえる→「オフィス」のあり方を考える

働き方×オフィス

VIEWPOINTNEW

【フランスの働き方改革②】駅内ワークスペースを起点にローカル起業を盛り上げる

SNCF(フランス国鉄)

日本同様、企業の都心集中傾向が強いフランス。働く場所をパリだけでなく郊外にも広げることが、地元での就業・起業支援につながっています。

VIEWPOINT

【フランスの働き方改革①】東京並みの通勤ストレス解消に挑む国鉄企業

SNCF(フランス国鉄)

通勤ラッシュ時の電車混雑や遅延が慢性化するパリでは、テレワークの重要性が高まっています。従業員数27万人の大企業が取り組む働き方改革とは。

DATANEW

働き方および働く環境についての不満

オフィスワーカーを対象に行ったアンケートで、回答者の7割以上が働き方や働く場所に不満を感じていることがわかりました。具体的にはどのような不満でしょうか。

DATA

働き方改革への取り組み実態

「勤務先が働き方改革に取り組んでいる」と回答したワーカーの半数以上は、自身の働き方に変化を感じていないようです。

DATA

東京オリンピック・パラリンピック期間中の交通混雑対策

東京での開催を間近に控え、どの程度の企業が交通混雑対策を考え始めているのでしょうか。またその内容は…。

VIEWPOINT

高齢者介護は日本企業における新たな人事領域に

従業員の介護と仕事の両立に向けた日本企業による支援策は、高齢化が進む他国からも注目されています。休暇や経済的支援だけに留まらないその多彩な内容とは?

REPORTNEW

フレキシブルオフィス市場調査2020

企業がワーカーに働く場所の選択肢を与えることは重要である。働き方改革への取り組みが加速していく中で、必要に応じて時間や場所をフレキシブルに利用できるワークプレイスに注目が集まり、その市場は急速に成長している。

DATA

健康経営・ウェルビーイングに注力する企業の特徴

「健康経営・ウェルビーイング」に注力している企業は、どのようなことを重視し、どのような働き方をしているでしょうか。その特徴を探ります。

REPORT

フレキシブルな働き方と生産性の関係

企業がワーカーの働きやすさや私生活の充実を重視する“人重視”の潮流を背景に、企業における働き方改革の意識は「働いてもらい方改革」へと変わりつつある。

REPORT

首都圏オフィスワーカー調査 2019

企業は働き方改革への取り組みを加速し、時間や場所に捉われない多様な働き方を推進しつつある。