働き方を考えることは
オフィスのあり方を考えること

いま、日本の働き方が変わろうとしています。
働き方改革は、なんのために、
なにが、どう変わっていくのか。
そして、働く場所である
「オフィス」のあり方はどう変化するべきか。
私たちの身の回りのデータからシナリオを考えていきます。

「働き方」の変化をとらえる→「オフィス」のあり方を考える

働き方×オフィス

VIEWPOINTWORKTRENDNEW

【WORKTREND㊲】仕事と職場のグローバルトレンド2024「20のキーワード」(後編)

2024年の働き方とワークプレイスに影響を与える、世界の最新トレンドを紹介する。

DATANEW

過去1年間のオフィス面積変化の実績+可能性(2023年秋)

企業に対し、過去1年間におけるオフィス面積の変化を聞きました。コロナ禍以降続いた縮小トレンドは落ち着き、拡張フェーズに入ったことが読み取れます。

DATA

オフィス面積を拡張/縮小した理由(2023年秋)

企業に対し、過去1年間におけるオフィス面積の変化を聞いたところ、「拡張した」が「縮小した」を上回りました。拡張/縮小の理由は…。

DATA

<働く場所の裁量の有無別>テレワークする場所に関する施策の実施率(2023)

テレワークの場所に関する施策は単に導入するだけでなく、運用等においてもワーカーのニーズに応える必要があることが示唆されます。

DATA

<働く場所の裁量の有無別>オフィス内のレイアウトの利用率(2023)

働く場所の裁量があるワーカーほど、オフィス内においても、目的に応じたレイアウトを選ぶABWな働き方をしているようです。

DATA

<働く場所の裁量の有無別>働く場所ごとの時間配分(2023)

働く場所の裁量があるワーカーとそうでないワーカーでは働き方にどのような違いがあるでしょうか。働く場所ごとの時間配分を比較しました。

DATA

働く場所の裁量(2023)

働き方への満足度と相関が高い「その日働く場所を自分で選べる裁量があるかどうか」について、過半数が「(あまり)ない」と回答しました。

DATA

働き方への満足度と相関がみられる項目(2023)

ワーカーの満足度が高い働き方とはどのようなものでしょうか?働き方への満足度と相関がみられる項目を様々な観点から確認しました。

REPORTNEW

コロナ禍で変化した「通勤」を読み解く

コロナ禍をきっかけに在宅勤務などのテレワークの導入が進み、原則毎日オフィスへ満員電車で通勤していた働き方は過去のものとなった。

DATA

現在の働き方で感じている不満・課題(2023)

現在の働き方に不満を感じているワーカーに対し、具体的な不満・課題を聞きました。1位の「通勤が苦痛に感じる」に続き、上位にあがった項目は…。