働き方を考えることは
オフィスのあり方を考えること

いま、日本の働き方が変わろうとしています。
働き方改革は、なんのために、
なにが、どう変わっていくのか。
そして、働く場所である
「オフィス」のあり方はどう変化するべきか。
私たちの身の回りのデータからシナリオを考えていきます。

「働き方」の変化をとらえる→「オフィス」のあり方を考える

働き方×オフィス

VIEWPOINTNEW

フレキシブルオフィスへの代替化進むニューヨークと東京の違い

ニューヨーク視察レポート後編。市政が進める都市のデジタル化や職住近接への取り組み、企業のフレキシブルオフィス活用についてご紹介します。

VIEWPOINTNEW

オフィスの「サービス化」が加速するニューヨーク最新潮流

2018年5月、ニューヨークで開催された働き方とオフィスのカンファレンス「WORKTECH18 NewYork」に参加しました。レポートをお届けします。

DATANEW

テレワークする場所や制度の整備(2018年春)

テレワークするための場所や制度を整備している企業の割合が、昨年に比べ伸びています。どのような取り組みが伸びているのでしょうか。

DATA

オフィス内のレイアウト(2018年春)

オフィス内のレイアウトについて、2017年と2018年のアンケート結果を比べてみました。多用途に使えるスペースが少しずつ増えているようです。

VIEWPOINT

中小企業ほど効果を実感 大企業だけでない働き方改革の波

働き方改革に着手した中規模企業は、大企業以上に切実な目的意識を持って取り組み、その効果もより強く実感していることがわかりました。

DATA

サードプレイスオフィスに求めること(2018)

サードプレイスオフィスを利用するワーカーは、自宅から近いことを最も重視しているようです。

DATA

<テレワーク実施有無別>テレワーク推進の阻害要因(2018)

テレワークを今以上に推進する上で、テレワーカーはテレワークする”場所”に関しての阻害要因を強く感じているようです。

DATA

テレワークに対するニーズ(2018)

現状のテレワーク実施率(8.1%)と比べ、テレワークに対して前向きな意向を持つ人は少なくないようです。

DATA

テレワーカーのワークプレイス環境に対する満足度(2018)

テレワーカーは、ワークプレイス環境に対する満足度が非テレワーカーよりも高いことがわかりました。

VIEWPOINT

過疎の町・神山にみるワークプレイスの新たな価値基準

徳島県の山間地に、IT企業のオフィスが集まる町があります。都心・駅近といったオフィス立地の価値観とかけ離れた神山町の、働く場所としての魅力とは。