働き方を考えることは
オフィスのあり方を考えること

いま、日本の働き方が変わろうとしています。
働き方改革は、なんのために、
なにが、どう変わっていくのか。
そして、働く場所である
「オフィス」のあり方はどう変化するべきか。
私たちの身の回りのデータからシナリオを考えていきます。

「働き方」の変化をとらえる→「オフィス」のあり方を考える

働き方×オフィス

VIEWPOINTNEW

多様化するワークフォースのためのオフィスデザイン ジェレミー・マイヤーソン氏インタビュー

「企業がこれからのオフィスを考えるにあたっては、Control/Messaging/Alignment/Refreshという4つの要素を意識するとよいでしょう」

DATANEW

今後の本社以外のオフィス戦略(2018年秋)

今後の本社以外のオフィス戦略について考えを聞きました。本社以外の働く環境を分散・拡充する意向があるようです。

DATA

今後の本社オフィス戦略(2018年秋)

今後の本社オフィス戦略について、どのような意向を持っている企業が多いのでしょうか。アンケートで考えを聞いてみました。

DATA

テレワーク等がオフィスの1人あたり面積に与える影響(2018年秋)

テレワークなどの取り組みにより、働く場所をフレキシブルにしている企業は、オフィスの1人あたり面積が小さくなっているようです。

DATA

今後興味のある働き方施策(2018年秋)

企業に対し、働き方に関する施策で今後興味のあるものを聞きました。現在の取り組み状況と比べると、在宅勤務やフリーアドレス席などに今以上の伸びしろがみられます。

DATA

テレワーク利用に関するルールの有無(2018年秋)

テレワークを導入している企業に対し、利用頻度などのルールの有無を聞いたところ、モバイルワークに取り組む企業の約7割が「ルールはない」と回答しました。

DATA

テレワーク利用対象者の条件の有無(2018年秋)

テレワーク支援策に取り組む企業に対し、利用対象者に関する条件の有無を聞きました。施策によって「条件がある」割合に差があるようです。

DATA

テレワークする場所や制度の整備(2018年秋)

テレワーク導入企業に、具体的な取り組み内容を聞きました。在宅勤務制度は2割近い企業が導入し、働く場所の多様化が進んでいます。

DATA

働き方改革の具体的な効果(2018年秋)

働き方改革を実施している企業では、2017年秋同様「従業員のワークライフバランス」に効果を感じている企業が最多でした。しかし、その割合が減少しているのはなぜでしょうか。

REPORT

これからのオフィスの在り方

働き方改革は重要な国家戦略と位置付けられ、人材確保や生産性向上の観点から企業の取り組みも加速しつつある。