コロナ禍における働き方とワークプレイスの急激な変化は、ワーカーの仕事以外も含む日常生活の過ごし方や生き方、価値観にまで影響を与え始めている。

シリーズ「WORKTREND(ワークトレンド)」では、ニューノーマルの「ワーク」にどのようなトレンドが生まれ、将来に向けてどう変わっていくのか予測することを目的に、不動産/人/組織/グローバルといった、それぞれが密接に関わり合いながら「ワーク」を変えていくであろうテーマを切り口に情報を発信していく。

VIEWPOINTWORKTRENDNEW

【WORKTREND⑳】グローバル:ネットワーク型経済における企業の役割は何か?

ハイブリッドワークの浸透にともない企業が果たすべき役割は急変している。来たる「ネットワーク型経済」において、企業はどのような存在になるか。

VIEWPOINTWORKTREND

【WORKTREND⑲】テレワーカーのワーク・エンゲイジメント低下を防ぐには

島津明人/慶應義塾大学

ニューノーマルの働き方によって生じたワーカーのメンタルヘルス面の課題解決に向けて、産業精神保健の専門家からの提言を紹介する。

VIEWPOINTWORKTREND

【WORKTREND⑱】グローバル:オフィス回帰の付加価値を高める10アイディア

世界をリードする10人の専門家による、ポストコロナにおける新しいワークプレイスのための10のビッグアイディアを紹介する。

VIEWPOINTWORKTREND

【WORKTREND⑰】グローバル:週4日オフィス出勤のハイブリッドパターンは定着するか

欧米ではコロナ収束後、ハイブリッドモデルは自然に「週4日オフィス出勤」のバランスにシフトすると予測されている。それを後押ししている要因は何か。

VIEWPOINTWORKTREND

【WORKTREND⑯】シニアが活躍する社会に向け、企業にできる職場づくり

シニアのさまざまなライフチョイスをサポートすることは、一億総活躍社会の実現につながるだろう。

VIEWPOINTWORKTREND

【WORKTREND⑮】グローバル:英国のフレックスオフィスの未来予測

英国のフレックスオフィスは、コロナ危機の経済的ショックを乗り越え、今後急成長する可能性があるという。今回は、英国で発表されたレポートの内容を紹介する。

VIEWPOINTWORKTREND

【WORKTREND⑭】調整型人事から脱却し「人的資本経営」を目指す企業へ

片岸雅啓/経済産業省 経済産業政策局 産業人材課 課長補佐

ビジネスの勝ち筋が変わり、企業経営における「人」の重要性が増している。人材戦略を経営戦略と紐づけ、人を価値の源泉とするために今できることとは。

VIEWPOINTWORKTREND

【WORKTREND⑬】「出社率」という新たな概念で複雑化するオフィス需要

コロナ禍以降、好況でもオフィス面積を縮小したいと考える企業が増えている。「1人あたり面積×人数」という従来の計算式は通用しなくなるのかもしれない。

VIEWPOINTWORKTREND

【WORKTREND⑫】キャリアの自立を支える「共助」、日本では伸びしろあり

大嶋寧子/リクルートワークス研究所 主任研究員

キャリアの自立が求められる時代に、日本人ワーカーが自己実現を叶える突破口は「共助」であろうと、大嶋氏は話します。

VIEWPOINTWORKTREND

【WORKTREND⑪】コロナ禍にみられる企業のワークプレイス戦略

コロナ禍で加速した働き方の変化に応じて、ワークプレイス戦略の見直しが進んでいる。多くの企業が模索を続けるなかで、現れてきた取り組みを紹介する。

VIEWPOINTWORKTREND

【WORKTREND⑩】グローバル:「WFAモデル」のためのワークプレイス戦略

WFA(Work From Anywhere)モデルが浸透するなか、企業はどのようなワークプレイスに戻るべきか。英国のワークプレイス専門家2名が議論した。

VIEWPOINTWORKTREND

【WORKTREND⑨】グローバル:6つの企業アーキタイプ⑥Space Shapers

欧米企業でみられているトレンドの1つとして、今回は「Space Shapers:スペースを再構成する企業」というアーキタイプを取り上げる。

VIEWPOINTWORKTREND

【WORKTREND⑧】グローバル:6つの企業アーキタイプ⑤Data Drivers

欧米企業でみられているトレンドの1つとして、今回は「Data Drivers:情報を駆使する企業」というアーキタイプを取り上げる。

VIEWPOINTWORKTREND

【WORKTREND⑦】グローバル:6つの企業アーキタイプ④Wellbeing Watchers

欧米企業でみられているトレンドの1つとして、今回は、「Wellbeing Watchers:従業員のウェルビーイングを最優先する企業」というアーキタイプを取り上げる。

VIEWPOINTWORKTREND

【WORKTREND⑥】グローバル:6つの企業アーキタイプ③Resolute Returners

欧米企業でみられているトレンドの1つとして、今回は「Resolute Returners:オフィスに回帰する企業」というアーキタイプを取り上げる。

VIEWPOINTWORKTREND

【WORKTREND⑤】変化に対応する企業のための、3つのキーワード

社会の急速な変化に伴い、企業の経営課題は多様化している。企業間競争を勝ち抜くためには柔軟な対応が求められる。

VIEWPOINTWORKTREND

【WORKTREND④】グローバル:6つの企業アーキタイプ②Tech Investors

欧米企業でみられているトレンドの1つとして、今回は「Tech Investors:新テクノロジーへ投資する企業」というアーキタイプを取り上げる。

VIEWPOINTWORKTREND

【WORKTREND③】グローバル:6つの企業アーキタイプ①Choice Champions

コロナパンデミックにより、世界は一変した。ウィズコロナの現在、世界中の企業やワーカーに何が起きているのか。グローバルな視点で見てみたい。

VIEWPOINTWORKTREND

【WORKTREND②】「会社員一択」からの脱却――ワーカーのこれからを考える

経済・社会の変化とともに日本の長期雇用慣行が崩れ、代わりに勤務時間と場所のフレキシブル化や雇用制度の多様化など、働く人を取り巻く環境に変化の兆しが表れている。

VIEWPOINTWORKTREND

【WORKTREND①】オフィス街から「ライフの領域」に浸み出すワークプレイス

テレワークをはじめとする働き方の変化は、従来エリア・用途が明確に区別されていた不動産の境界を流動化させ、ワーカーに多様な選択肢を提供し始めている。

VIEWPOINTWORKTREND

【WORKTREND⓪】「働く」の新潮流を捉える新シリーズ始動

コロナ禍で日本のワークとライフは一変した。ニューノーマルにどのようなトレンドが生まれ、未来はどう変わっていくのか。予測の足掛かりとなる情報を発信する。