マーケット指標 -空室率
RSS
2017.02.01

まとめ ・今期(2016年12月期)の東京23区オフィスマーケットは、企業の好調な業績や人員増からオフィス床の需要は堅調に推移し、空室率の低下、成約賃料の上昇が続いている。ただし、賃料の上...

2017.01.23

空室率だけではわからないマーケットメカニズムを探る新たなベンチマーク 今般、ザイマックス不動産総合研究所では、ザイマックスグループが独自に入手・蓄積してきた空室募集データを利用し、「オフィス空室...

2016.11.02

まとめ ・東京23区のオフィスマーケットは企業の床需要が堅調に推移し、空室率、成約賃料とも緩やかな改善が継続している。都心部のまとまった空室が少なくなっていることから、テナント需要は周辺エ...

2016.08.03

まとめ ・東京23区のオフィスマーケットは企業の床需要が堅調に推移し、空室率、成約賃料とも改善を続けているが、改善幅はわずかで大きな変化はない。そのような中、景気の先行きに対する不透明感か...

2016.04.28

まとめ ・東京23区全体のオフィスマーケットでは、企業の床需要が引き続き堅調で、かつオフィスの新規供給が限定的であることから、空室率、成約賃料はともに改善を続けている。一方、企業のコスト意...

2016.02.03

まとめ ・東京23区オフィスマーケットは、企業の堅調な床需要を受けタイトな需給状況が続いているが、新規賃料水準の上昇は緩やかなペースに留まっている。立地改善、面積拡張、ビルグレードアップな...

2015.11.04

まとめ ・オフィスマーケット全体で見ると、需要側である企業における事業拡大・人材確保などを背景とした前向き移転需要を受け、需給はタイトな状況であり、新規賃料・支払賃料ともに緩やかな上昇傾向...

2015.08.04

~マーケットは全体的に好調が続くも、慎重なオーナー心理を反映し新規成約賃料の上昇は緩やか~ ザイマックス不動産総合研究所は、オフィス賃貸マーケットの動向を示す指標である「空室率」、「新規成約賃料イン...

2015.05.20

~マーケット全体に回復が浸透。これまで長期間空室だった物件でも成約がみられるように~ ザイマックス不動産総合研究所は、オフィス賃貸マーケットの動向を示す指標である「空室率」、「新規成約賃料インデ...

2015.02.09

~マーケット全体では緩やかに回復する一方で、企業の積極的な移転ニーズを取り込めるかで二極化が進む~ ザイマックス不動産総合研究所は、オフィス賃貸マーケットの動向を示す指標である「空室率」、「新規...

2014.11.05

~成約賃料DI、新規成約賃料インデックス、フリーレント付与率・平均フリーレント月数~ ザイマックス不動産総合研究所は、オフィス賃貸マーケットの動向を示す指標である「成約賃料DI」、「新規成約賃料イン...

2014.05.22

~環境性能と収益性との関連性分析を通じて~ 近年、様々な建物環境認証制度が創設されるなど、不動産における環境性能が注目されてきている。一方、不動産の収益性は、おもに立地・規模・築年数等と関連づけて考...

2014.01.06

~入居が決まった区画のダウンタイム(空室期間)は何日あったか。ザイマックスにて調査~ オフィスビルにおいて収益のロスとなる「ダウンタイム(空室期間)」はビルオーナーを始め、投資家など様々な不動産プレ...